ほくろ除去

術後の注意点について

ほくろは出来ている位置によってはコンプレックスとなっている場合もありほくろ除去をやってみたいと思う人が増えているようです。特に最近ではレーザーによって簡単にほくろ除去が行えるため、施術を受ける人も増えています。 ほくろ除去を行った後は肌がとてもデリケートになっています。傷跡にはシールを貼って保護しますが、張り替える際は傷口を擦ったり爪が当たって傷をつけたりしないよう注意が必要です。洗顔時には誤ってシールが剥がれ落ちたことに気付かず、ゴシゴシと洗って刺激を与えてしまう恐れもあるのでより注意する必要があります。剥がれてしまった場合は皮膚科で処方されたシールを貼り直し、心配があれば皮膚科で診察を受けると安心です。

ほくろ除去手術後の豆知識

ほくろ除去を行った時に、シールで傷口を保護します。そのシールには、傷口を保護するだけでなく紫外線を防ぐ効果もあります。傷口が紫外線の刺激を受けることで、色素沈着を起こしシミになる場合があるからです。 シールを使用しなくなったあとでも、施術後半年間程度は傷口に紫外線が当たらないように気をつけましょう。冬でも日焼け止めを塗って紫外線から守ることで色素沈着を起こすリスクが格段に減ると言われています。皮膚科でほくろ除去を行った場合、傷口が治れば通院は必要なくなりますので、その後のケアをどの程度行うかによってほくろ除去手術による効果は変わってきます。皮膚科への通院が終わった後のセルフケアがとても大切です。

ほくろ除去の現状

ほくろの除去は美容外科などで行われており、レーザー治療を行うことで除去が可能です。皮膚科で行うことも可能で、より精密な検査の元、皮膚がんの可能性なども調べることができます。料金はどちらも低めです。

Read More

スッキリあごへ

あごのラインをスッキリさせる整形。それは、顔の輪郭線の美しさを際だたせることが出来るものです。いろんな「カタチの悩み」は、クリニックで行われている状態に合わせた手術によって、可能になるものなのです。

Read More

クリニックでシミ取り

お肌のケアは、美しさを維持するためには欠かせないものです。そこに立ちはだかるシミを消すシミ取りは、クリニックでチャチャッとやってしまいましょう。クリニックでなら、長い時間を掛けずにすぐに取ってしまえます。

Read More

鼻ラインを美しく

にぎやかな、なにわの街が似合う大阪美人になるためには、高々としてスッと通ったスジが素敵な鼻を手に入れましょう。今では、美容整形クリニックの手術で、どんな鼻でも思いのままに作り出すことが出来ます。

Read More

皮膚科のテクニック

内面の美しさを磨くことはもとより、見た目の美しさも磨いてこそ、乙女や淑女の価値は高まるというもの。ほくろもムダ毛も、ニキビもしわも、すべて美容皮膚科クリニックのテクニックで、解決できる問題なのです。

Read More